Elstが伝えたいこと

輝き続けるはじまりを
この瞬間に。


世界のトップクラスで活躍する選手に、ファンはなぜ心をときめかせるのでしょうか。
それは、プレーだけでなく個性や努力、ひらめきなど、”人間力”が共感や感動を引き出しているからに他なりません。

これからの時代、この人間力が社会で活躍する上でも重要度が増してきます。事実、私たちも様々な人たちとの出会いを通じて、仲間や信頼、感動や共感といった、モノとは違った大切なものを身にしみて体感してきました。

私たちが体感してきたことは、これからの時代を生きる子どもたちにも伝えていくべきと考えています。

自分の個性を見つけ、自分の歩むべき道を見つけ、新しいことに挑戦することで、実力を高めていく。積み木みたいに、積み重ねる。崩されても、諦めない。その先に、人間が輝く瞬間があるのです。

2018年、Elstはサッカーボールで、世界を変える。その想いを胸に、晴れの国、岡山にて発足しました。
子どもたちがサッカーの楽しさを知り、愛してくれれば。Elstでの出会いや繋がりが、大人になっても支えになれれば。夢を叶え、世界を変えるような人になってくれれば。

私たちは、子どもたちの可能性を信じ、輝くきっかけを作り出す。
それが私たちなりの、世界の変えかたです。


■代表
高東 俊介
SHUNSUKE KOTO

現代社会では、正解をまっている子どもたちを多く見かけますが、「これが正解」ということはありません。サッカーにおいても同様です。どのような決断をしていくかは、考える子どもたち自身が決めることです。子どもたちに選択肢を与え、子どもたちが自ら判断し、決断することを学んでもらいたいと思っています。また、創造する力や考える力を育て、リスクを冒してでもチャンスにチャレンジしようとする精神を、一人でも多くの子どもたちに持たせることが我々の役目だと思っています。